FXドル円スキャルピングを専門に行う「ますいたかしFX情報ブログ」ますいたかしが継続して利益を上げる為のノウハウをブログにて公開!ドル円スキャルピングのマーケット考察、24時間FXドル円関連ニュース、スキャルピング講座、FXで稼いで自由なライフスタイルを構築するスクール、etc.


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ ←ブログランキンブに参加しているのでクリックで応援お願いします(^^♪

お疲れ様です~すきゃ蔵です。
 
本日は「自動売り買い」について少し触れてみたいと思います。
 
システムトレードの怖さが理解できれば、なぜすきゃ蔵が「裁量スキャルピング
なのかお分かり頂けると思います。
 
なぜ、このタイミングでこの記事なのか?
勘の良いトレーダーはもう気づいていますね。
 
最近の急ピッチな為替の値動きに対応できなくなった自動売り買い
(システムトレード)でロスカットが続出しているからです。
 
私は、リアルマネーでは完全に裁量、スタイルはスキャルピングですが、
多くのシステムトレードも24時間体制で運用していますので有名どころの
システムの成績は大体抑えています。
 
では今回なぜ、ここまで続出している理由とは?
 
それはとても簡単です。

システムトレードは過去のトレードのデータに基づいたトレードを基本的に
行いますので想定外の動きは損切りやナンピンで対応していく事になります。
 
それでも駄目な場合は本当の損切り、最大ドローダウンというやつになる訳です。
この様にして1年後最終的に、残ったものが年間の利益となります。

では、
 
今回の日本の政権が変わるなんて誰にも分からなかったことです。
まして、ここから円売りが始まり、現在のお祭り相場に発展するなんて
1ヶ月前に誰がわかったでしょうか?
 
ドル円に関しては、長期的に見れば何十年と円高が続いているのです、
これはこれからもそう簡単に変わらないでしょう。
 
(今年は政府もあれこれ対策をするので多少はもどるかもしれませんが、)
 
この様に、現在は「想定外」の事が起こっているから他なりません。
 
 
システムトレードをテクニカルな面から少し見てみましょう。
システムトレードの作り方は、以下の工程で通常進みます。
 
 1.通貨の選択
 2.トレードスタイルの決定(タイムラインの決定)
 3.テクニカルの選択
 4.売り買いロジックの作成 
 5.検証データ期間の決定
 6.5のデータへカーブフィッティング
 
大きく分けてこの様な過程でシステムが出来る訳です。
 
どのシステムにも共通する欠点と思うのは、過去データ上で勝てるように(フィットする様)に
パラメータを変更してフィッティングしているところです。

また、システムトレードでは同じプログラムを使用するとそのプログラムを使用している
トレーダーは同じポジションを持っていることになります。

これが何を意味するか分かりますか?

S/L(ストップロス)ハンティングをしている、短期筋などに貴方のポジションが何処まで行けば
ロスカットするかバレているのと同じです。

怖いですね~。
 
今後、でてくるシステムは現在のデータが既に入ってフィッティングされているので、
「2013年の円安でも負けなかったシステム!」さー買ってみよう!となる訳ですね。(笑;

この様に、システムトレードは今後も無くなることは無いでしょう。

冗談半分になってしまいましたが、結局、システムトレードで勝ちまくれるなら
この世はお金持ちだらけですよね。

私も初心者のころシステムトレードの道をもちろん経験してきましたので、
駄目とはいいませんが止めておいた方が無難です。
 
自動売り買いを斬り過ぎたので今回はこれ位にしておきます。(笑;
 
 
注意:
 ・この記事は、すきゃ蔵の個人的な意見です。
 ・システムトレードも多様化していますので、自動売り買いで利益を上げられている
  トレーダーさんも沢山いる?かもしれません。利益がでている方、こっそり教えてください。(笑;

 

Visitor
Search
「すきゃる工房」内で検索
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
便利リンク

<免責事項、投資に係るリスクについて>

外国為替の投資はリスクを伴い、投資元本に損失を与える場合があります。為替の場合、平日24時間取引が行われている為、常時価格変動している可能性があります。 また、株式等と異なり、値幅制限が制度上存在しない為、短時間で価格が大きく変動する可能性があります。当サイトで紹介する情報は、利益を保証するものではありません。ご紹介する情報を利用した売買でいかなる損失を出された場合でも、「すきゃる工房」を初め情報を提供した第三者は一切の責任を負いません。ご利用に関する自己責任またはリスクに関して十分にご理解頂いた上でお取引をお願い致します。

Copyright (C) 2011-2013 「すきゃる工房」All Rights Reserved.