FXドル円スキャルピングを専門に行う「ますいたかしFX情報ブログ」ますいたかしが継続して利益を上げる為のノウハウをブログにて公開!ドル円スキャルピングのマーケット考察、24時間FXドル円関連ニュース、スキャルピング講座、FXで稼いで自由なライフスタイルを構築するスクール、etc.


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ ←ブログランキンブに参加しているのでクリックで応援お願いします(^^♪



おはよう御座います~すきゃ蔵です。

本日は現在の円安局面・業界ネタということで最近の情報で面白い記事
を共有していきます。

急激な円安となっていますがこれから日本のFX業者の多くが破産していきます。
これは憶測も噂でもなく近い将来必ず起こる事です。

なぜだかわりますか?

これは日本の業者がこれだけ狭いスプレットで会社を維持出来る理由でもあります。
これこそがFX業界の闇なんですね。

一般の人は、広告に踊らされ知る余地もありません。

どの業者も、全うに為替業務をする場合、銀行からお客さんよりも狭い
スプレットでドル、ユーロなどを買っています。

提供するレートよりも狭いレートで買って少し利ざやを乗っけてお客に提供する手数料商売。
これがFX業者の本来の姿であり皆さんもそのように認識していると思います。

例えば通貨の仕入れの原価を概ね私は知っていますが、どう考えても原価よりも低い
スプレットでお客さんにレートを提供している業者が日本には多数あります。

お店で言えば200円で仕入れたジュースをお客さんに100円で売るのですから
儲かるわけがありません。

ましてや通貨は大量に仕入れれば安くなるなどの交渉は行えません。

儲からない商売なはずなのに楽天やDMM、サイバーエージェントなど大手の企業がこぞって
参加するのはなぜなのでしょうか?

それは実は手数料商売ではないから。

ではどういう構造なのか?

投資家の9割は負ける。

そう、業者の基本はお客さんは負けると考えているなんともヤラシイ業界なのです。

これがキーワードです。

日本のFX業者がなぜ危険なのか、それは単純な手数料商売をしていないから。
そしてその手数料商売をしていない事は、なぜ危険に結びつくのか?

この点を少々説明したいと思います。

キーワードは円安です。
まず、日本のFX業者の構造から説明しますね。

日本のFX業者のスプレットが狭いのは、
そもそも手数料で儲けるというビジネスモデルではないからなんです。

では、どういうモデルなのか?

答えは、客が負ければその分儲かる仕組みです。

例えばお客さんが50万円入金したとしましょう。

その後数カ月、場合によっては数日で9割の客がほぼ0になってFXの市場から
退場していきます。

もし、この間のお客の注文を一切銀行に流さずにただパソコンの画面上で増えた、
減ったと表示しているだけならどうでしょうか?

つまり、あなたが10万円勝って60万円にして出金すれば企業が10万円の
損になもなるという事です。

しかし、統計的に客は負けると出ているのです。

日本のお客は圧倒的に買いポジション(ロング)が多いのでドル安、
ユーロ安になればなるほど客は損して企業はボロ儲けしてきました。

そんなトレンドが安倍政権になり円安に転じた事で一瞬で変化しました。

つまりお客さんがわかりやすすぎるトレンドにより、
大儲けする人が続出してしまったのです。

お客さん全体でどれだけ儲けたのかというと、ある最大手証券会社では実に20兆円。

もちろんこれは決済をした金額ではなく含み益という状態です。

しかし、お客さんが一斉に決済を行い出金すれば日本のほぼ全てのFX業者は
その要求に応じる事が出来ないのです。

日本の法律上は保証の記載が必要なのでどこの業者でもかいていますけど、
払えない場合は政府が保証してくれるのか?

多分しなですよ。
投資は、そういうことも含めて個人の責任なですから。

これはとても大きなリスクです。

お客さんは手数料さえ安ければ来るし、その安さに何の疑問も持たない。

誰しも車が1万円だと言われれば疑うのに、
原価がわからない通貨であれば安ければいいと思ってしまう。

嘘であっても分別管理してますと書けば、日本人は無条件で信じます。
究極のお人好し民族なんですね。

だから日本人は投資で勝てないのです。
みんなと同じ事をしていてはだめですよ~。

以上、情報共有でした。(笑;

因みに私は海外ブローカーしか使いません、お付き合いしていると日本人で優遇
してくれることも沢山あります。(残高にもよりますけど。)
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
海外業者
お世話様です。
私はマネパ、FXプライム、外為どっとコムを使っております。
海外の業者は使ったことがなく、またどの業者が安心できるのかまったくわかりません。やはり一つくらいは自分で調べて開設しておいた方が良いんですかね。

為替マン 2013/02/25(Mon)15:35:00 編集
Re:海外業者
コメント有難うございます。
ここの口座を開設してくださいとはいえませんが、
やはり海外の方が取引環境が良いのは事実です。

金融庁はすすめていませんが、かといって何かあった際
金融庁や国が担保など先ずしてくれるはずもありません。

金融庁にも連絡して確認してみしたが、
米国の様に現在海外業者を取り締まる法律はないそうです。

トラブルが多い為に、気をつけてくださいよくらいしか
言えないということですね。

私から言わせると言葉通じないからトラブルになっている
としか思えないのですが(笑;

まあ、投資リスクは自分で管理するのが基本です。

ますいたかし 2013/02/25 15:52
海外の業者は
面白く読ませていただきました。
質問ですが、すきゃ蔵さんは海外業者を使われているとのことですが、そのブローカーは国内ブローカーと違って、スプレッドは狭くない、ということでしょうか?
また、破綻したときの保障が国内のブローカーとどのように違うのですか?

jason 2013/02/26(Tue)15:15:48 編集
Re:海外の業者は
勿論海外ブローカーでもスプレッドは狭いですよ。ゼロスプレッドもあります。
破綻はその会社ごとに異なるのでHP等でご確認ください。
ますいたかし 2013/02/26 15:27
PREV ←  HOME  → NEXT

Visitor
Search
「すきゃる工房」内で検索
Calendar
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
便利リンク

<免責事項、投資に係るリスクについて>

外国為替の投資はリスクを伴い、投資元本に損失を与える場合があります。為替の場合、平日24時間取引が行われている為、常時価格変動している可能性があります。 また、株式等と異なり、値幅制限が制度上存在しない為、短時間で価格が大きく変動する可能性があります。当サイトで紹介する情報は、利益を保証するものではありません。ご紹介する情報を利用した売買でいかなる損失を出された場合でも、「すきゃる工房」を初め情報を提供した第三者は一切の責任を負いません。ご利用に関する自己責任またはリスクに関して十分にご理解頂いた上でお取引をお願い致します。

Copyright (C) 2011-2013 「すきゃる工房」All Rights Reserved.