FXドル円スキャルピングを専門に行う「ますいたかしFX情報ブログ」ますいたかしが継続して利益を上げる為のノウハウをブログにて公開!ドル円スキャルピングのマーケット考察、24時間FXドル円関連ニュース、スキャルピング講座、FXで稼いで自由なライフスタイルを構築するスクール、etc.


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ ←ブログランキンブに参加しているのでクリックで応援お願いします(^^♪

本日は取引に欠かせないブローカー選びについて何回かに分かて書いてみたいと思います。
記事で間違いなどがあればご連絡頂けると助かりまーす。

「もちろん、記事はスキャル視点です」

今回は以下のテーマを中心に振れてみたいと思います。

1.日本人がスキャルを行う場合に得なブローカーとは?
2.ブローカーのサーバーあれこれ(サーバーの物理位置の調べ方など)
3.スプレッド、スリッページ、レバレッジ....etc

早速ですが、

1.日本人がスキャルピングを行う場合に得なブローカーとは?

「日本人は日本のブローカーがいいんじゃねーの?」と思いますよね。
確かに間違いではありませんよ。

日本のブローカーが良いところはダントツで日本語対応している事でしょう。

また、後の章で詳しく触れますが、
処理サーバーの物理位置(どこの国にサーバーがあるのか)で考えると、
これも国内ブローカーがいいのは当然ですね。

 ただ、今回はスキャルに視点を置いていますので重要な事も変わってきます。

それは、

 ここぞって言う時にロット数を上げれるようにハイレバレッジが使える。
手数料となる、スプレッドが低い etc

この様に、

スキャルを行う上でもろに影響を受ける要素に目を向けなくてはいけません。
でないと、スキャルやっている意味があまりありませんからね。

では、最初にレバレッジについて見てみましょう。

日本でFXの人気がでた理由の一つにこのレバレッジがあります。
日本国内でも一時は200倍300倍というブローカーもありました。

しかし、日本では最近、

FXを投機ではなくて本当の投資対象として個人投資家に再認知してもらう為に
段階的にレバレッジに対して規制を行っているのです。

  私的に言うと「スキャルの醍醐味?」が無くなってしまったと言うことです。
(もちろん、通常のロットでも問題はありませんよ)

また、

噂では「金融庁様」が海外ブローカーへ日本人の口座開設を受け付けないよう圧力を掛け
個人投資家が海外に逃げないようにしている様です。

実際、日本語のページやサポートを提供しているブローカーの一部で日本人締め出しが
発生しる様です。

確証は無いのであくまでも、噂と言うことにしてくださいね。

さて、話を戻しましょう。

日本でハイレバレッジが使えないとなると、行く先は海外しかない訳ですが、
先ほどの日本人締め出し対策で、現在口座開設ができるブローカーも減ってきていますが
まだ100%ではないので開設できるブローカーは沢山あります。

  しかし、使えるブローカーは少数です。

主要ブローカー(ここから口座開設もできます)



また、スプレッドは以下のサイトを参考にしてください。

http://www.mt4spreads.com/

※ブローカーでDemo口座とリアル口座でスプレッドにズレがある場合があります。
※スプレッドが低くても手数料が発生するブローカーもありますので
その辺りは口座開設する前に要調査です。

次回に続く。。。

タグ:FXのスキャルピングでは動画から得意パターンを見つけ出すのがコツです。

COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT

Visitor
Search
「すきゃる工房」内で検索
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
便利リンク

<免責事項、投資に係るリスクについて>

外国為替の投資はリスクを伴い、投資元本に損失を与える場合があります。為替の場合、平日24時間取引が行われている為、常時価格変動している可能性があります。 また、株式等と異なり、値幅制限が制度上存在しない為、短時間で価格が大きく変動する可能性があります。当サイトで紹介する情報は、利益を保証するものではありません。ご紹介する情報を利用した売買でいかなる損失を出された場合でも、「すきゃる工房」を初め情報を提供した第三者は一切の責任を負いません。ご利用に関する自己責任またはリスクに関して十分にご理解頂いた上でお取引をお願い致します。

Copyright (C) 2011-2013 「すきゃる工房」All Rights Reserved.