FXドル円スキャルピングを専門に行う「ますいたかしFX情報ブログ」ますいたかしが継続して利益を上げる為のノウハウをブログにて公開!ドル円スキャルピングのマーケット考察、24時間FXドル円関連ニュース、スキャルピング講座、FXで稼いで自由なライフスタイルを構築するスクール、etc.


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ ←ブログランキンブに参加しているのでクリックで応援お願いします(^^♪

こんにちは、すきゃ蔵です。

2014年がもう直ぐですが、今年結果を出せなかったトレーダーさんは、
実績のある物に移行するのにベストのタイミングです。

本日は、私の手法の一つでもあるレンジブレイク手法の簡単な説明と
インディケーターも無料でご提供したいと思います。

この手法は、ビギナーの方にでも理解し易い手法の一つとなります。

為替は、大きく分けてアジア、ロンドン(ヨーロッパ)、ニューヨークと3つの
マーケットタイムがあります。

そして、それそれに、ロンドンであれば「ロンドン・オープン」と言う様に
市場が開く際に、その日に絶対に発生する売り買いと言うものがあり
一定の時間、トレンドが発生します。

大体、1時間~2時間ぐらい。

では、先ず初めにその時間枠を分かりやすくする、
インディケーターを以下からダウンロードしてMT4へセットしてください。

インディケーターをセットすると、MT4のチャートは以下の様に表示
されます。(色はプロパティから変更できます。)

<インディケーターはここからダウンロード>




注意)使用するブローカーで設定値が変わります。

トレードタイミングですが、上記で説明したようにヨーロッパセッションや
ニューヨークセッションのオープンにかけてトレードをします。


例えば、アジアからヨーロッパオープンでトレードする場合はチャートに
ヨーロッパの時間の色がつき始めたら、アジアンタイムの上値、下値を更新した
タイミングでエントリー

ヨーロッパからニューヨークでも同じく、ヨーロッパの上値、
下値をニューヨークオープンで更新したらエントリーエグジットはトレンドの
強さもあるのでその都度判断です。

一般的には「レンジブレイク手法」といわれている手法ですが、
セッションオープン時は売買が集中しやすいということから、
成り立つ手法です。

ポイントとして、1分足のボリンジャーバンドの2,3σを突き抜けるような
トレンドが出た場合は、調整にはいったあと再度強烈に上げ(下げ)
てくることが多いので、調整時(押し目)でエントリーを見極めてください。


COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT

Visitor
Search
「すきゃる工房」内で検索
Calendar
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
便利リンク

<免責事項、投資に係るリスクについて>

外国為替の投資はリスクを伴い、投資元本に損失を与える場合があります。為替の場合、平日24時間取引が行われている為、常時価格変動している可能性があります。 また、株式等と異なり、値幅制限が制度上存在しない為、短時間で価格が大きく変動する可能性があります。当サイトで紹介する情報は、利益を保証するものではありません。ご紹介する情報を利用した売買でいかなる損失を出された場合でも、「すきゃる工房」を初め情報を提供した第三者は一切の責任を負いません。ご利用に関する自己責任またはリスクに関して十分にご理解頂いた上でお取引をお願い致します。

Copyright (C) 2011-2013 「すきゃる工房」All Rights Reserved.