FXドル円スキャルピングを専門に行う「ますいたかしFX情報ブログ」ますいたかしが継続して利益を上げる為のノウハウをブログにて公開!ドル円スキャルピングのマーケット考察、24時間FXドル円関連ニュース、スキャルピング講座、FXで稼いで自由なライフスタイルを構築するスクール、etc.


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ ←ブログランキンブに参加しているのでクリックで応援お願いします(^^♪



ども、ますいです。

米・大統領選挙もおあわりましたのでドル円
コメントを書いていきます。

‌僕自身は選挙前にポジション解消していましたので、
取りあえず全ての短期・中期ポジションを利益で確定。

選挙は静観しようと決めていましたので、今回はノーポジ
でした、トレード自体は昨日、本日から本格的に戻りつつあります。

では、本題です。

先ず、初めに多くのエコノミストが想定していた、
ヒラリー=円安、トランプ=円高という見方が完全に
崩れている状態になります。

インドで開発されたAIシステム、MoglAが、トランプが勝利
すると驚きの予測をしたことが話題になっていましたが、
まさにその通りとなった訳です。

僕自身は、選挙前に発信した情報通り、トランプ当選確実
になるまでは、円高に振れていたので想定通りと考えていましたが、

実際は、選挙中は乱高下し、当選後の勝利者演説で以外に
落ち着いた政治家みたいな演説をしたことから、

その反動で逆に、強烈なショートスクイズが入り、
下落前の105円のラインを超えてV字回復以上の
期待上げをみせて現在に至っています。

‌因みに、ナスダック、ダウ、S&P全てV字以上の上げを
見せているので、過去のリーマンショックやブレグジット
と比較しても結構な異常な事態と言ってもいいです。

ですので、直近高値の107円に接近していますが、
ここからどこまで上げていくのかをよく見ていくことが重要です。
(日足ベースでボリンジャーバンド+3シグマに接触中)

なぜなら、ここまで上げているのは完全に「期待」だからです。

因みに、トランプ氏が大統領に就任するまで暫く期間が
あるので何ともいえませんが、こういう相場は通常
1週間~2週間で落ち着き適正価格へ戻ります。

また、

トランプ氏の公約は、円高に振れるものが中心ですので、
まさに、「相場は期待で買われ、事実で売られる」という
ことが実際に発生しているという事になります。

買いが買いを呼ぶのは、相場ではよくあることですので
落ち着いてみていきたいところです。

こんな感じで、現在は円安なんですが、僕自身は、
短期円安、中長期、円高と言う目線でみています。

日ごとに、マーケットの雰囲気がかわりますので、
また、記事として書きたいと思います。


最後に、

今回の選挙で、僕の教え子の中には、様子見が一番多く、
稼いだ人も結構いましたが、痛い目に合った生徒も何人かいました。

でも、今回は相場は生き物で完全な動きを読み切れ
ないという意味では良い勉強になってのではないかと思います。

この様なビックイベントは、なかなか経験することが
できないので、投資家心理を磨く上では非常に良い
経験だと思います。

では、一喜一憂することなく、今晩から徐々にならして、
来週から本格参戦していきたいと思います。

ますいたかし

僕のLINEではより濃い繋がりができますので
登録よろしくです!

こちらから http://line.me/ti/p/%40takashimasui


COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT

Visitor
Search
「すきゃる工房」内で検索
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
便利リンク

<免責事項、投資に係るリスクについて>

外国為替の投資はリスクを伴い、投資元本に損失を与える場合があります。為替の場合、平日24時間取引が行われている為、常時価格変動している可能性があります。 また、株式等と異なり、値幅制限が制度上存在しない為、短時間で価格が大きく変動する可能性があります。当サイトで紹介する情報は、利益を保証するものではありません。ご紹介する情報を利用した売買でいかなる損失を出された場合でも、「すきゃる工房」を初め情報を提供した第三者は一切の責任を負いません。ご利用に関する自己責任またはリスクに関して十分にご理解頂いた上でお取引をお願い致します。

Copyright (C) 2011-2013 「すきゃる工房」All Rights Reserved.