FXドル円スキャルピングを専門に行う「ますいたかしFX情報ブログ」ますいたかしが継続して利益を上げる為のノウハウをブログにて公開!ドル円スキャルピングのマーケット考察、24時間FXドル円関連ニュース、スキャルピング講座、FXで稼いで自由なライフスタイルを構築するスクール、etc.


にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ ←ブログランキンブに参加しているのでクリックで応援お願いします(^^♪

本日はちょっとしたオモシロ・ネタです。

私がスキャルピング・オンリーなのは為替は超ド短期型投資だと思っているからです。
FXは1時間、もっと言えば5分先もどう動くなんて言い切れる人は誰もいませんよね。

勿論、長期のトレンドと言うのは世界経済によって作り出されるものと思いますが、
そんな世界経済の予想なんて大それた事は私にはとてもできません。

ぶっちゃけ先のこと誰も分からないでしょう?

私は1日先でも無理です。(汗;

先週まで上げ上げだった通貨でも何かネガティブ要因が出れば下げ下げモードに
急転換なんていくらでも日常茶飯事的にある話です。

その予想するくらいなら、ド短期でどこに「損切り」が多いだろうなっと考える方が簡単です。

大口はそういう価格を狩に来る確立はかなり高いですしそういう価格にヒットした場合に
トレンドが発生することも多いです。

私の中では、FXはそういったド短期の予想ゲームの様な物と割りきっています。
さてこれを頭において、本題に行ってみたいと思います。

あなたは、スパイクってご存知ですか?
スパイクって言うぐらいですから相当「とがって」そうですね。


02226d10.png





これはスパイクといわれるチャートの一例です。
本当に刺さりそうですね。1時間足でこれです。

「こんなチャート本当にあるのか?」って思ってしまいます。

こんなチャートが出た時は、ほかのブローカーでも同じ時間帯でこの様なチャートになっているか
確認してみてください。

なぜこんな事が起こるのか?

起こっているんじゃないです。意図的に起こされているのです。

大抵の場合ストップロス注文が集中する典型的な場所などテクニカルポイントや、
サポート、レジスタンスといわれる直近の高値の上や安値の下やらダブルゼロやトリプルゼロと
呼ばれるいったきりのいい価格で起こることが多いです。

そういった値段の少しズレタところには皆さんの「損切り注文(ストップロス)」がたくさん集まっています。
スバリ!それを狙って一瞬の間にその損切りさせてしまうのです。

この様なストップの注文が入っている価格を狩に行く行為を「ストップ・ハンティング」と読んでいます。

悪徳なブローカーでは一瞬レートを故意に動かしてスパイクを発生させているところもあるようです。
悪質ですね、でも一般のトレーダーには殆ど分かることはありません。

勿論、銀行、ブローカーは注文情報(板情報)も見れますので、ここまでレートがずれれば、
ストップに引っかかる奴が沢山いるということを笑いながら見てるんでしょうね。

本当になんていう奴らでしょう。
この様なことを知ってしまうと世界経済の予想なんで関係ないですよね。

何だかんだ言っても最終的には
結局、キャッシュをもぎ取り勝った者勝ちの世界なのです!

つまらないお話でした。
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT

Visitor
Search
「すきゃる工房」内で検索
Calendar
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
便利リンク

<免責事項、投資に係るリスクについて>

外国為替の投資はリスクを伴い、投資元本に損失を与える場合があります。為替の場合、平日24時間取引が行われている為、常時価格変動している可能性があります。 また、株式等と異なり、値幅制限が制度上存在しない為、短時間で価格が大きく変動する可能性があります。当サイトで紹介する情報は、利益を保証するものではありません。ご紹介する情報を利用した売買でいかなる損失を出された場合でも、「すきゃる工房」を初め情報を提供した第三者は一切の責任を負いません。ご利用に関する自己責任またはリスクに関して十分にご理解頂いた上でお取引をお願い致します。

Copyright (C) 2011-2013 「すきゃる工房」All Rights Reserved.